パソコン修理はここで決まり!パソコン修理業者ベスト6

top > パソコン修理について > パソコン修理を自分でするときに注意すること

パソコン修理を自分でするときに注意すること

パソコン修理を自分でやるときには、いくつかポイントがあります。
1.パソコンが起動しない時電源が入らない時に注意してほしいには、埃や汚れがないか確認してください。
特にノートパソコンを使用しているときには、掃除が必要です。
ノートパソコンの裏側にはメモリスロットがあり、パソコンを修理できる方はメモリスロットを抜いて埃や汚れをきれいにしてください。
また、抜くのがちょっと難しい人はエアーダスターなどを使って、埃をなくすことで、パソコンが起動します。
メモリスロットを抜くときは、ACアダプターやバッテリーは必ず外してから、作業してください。
パソコンが故障しても、すぐにパソコン修理に出すことはしなくても、あせらずにあわてずに、ひとつひとつ原因を探っていくことで、余計な出費をしなくてもよくなります。
パソコン修理は無理と思わずやってみましょう。



パソコン修理は民間の修理店に頼んだ方が良い場合も

保証期間中にパソコンが壊れた場合、本来なら製造元へ修理に出して、無償で直してもらうのが得策です。
しかしながら、場合によりましては民間のパソコン修理店に頼んだ方が良いケースもあります。
例えば、製造元の修理ではハードディスクを初期化することが多いため、バックアップを取っていなければ、大切なデータを全て失うことになります。
ところが、民間のパソコン修理店なら必要な時以外はハードディスクを初期化しない場合があるため、失いたくないデータがある時は、検討してみると良い修理先となっています。
また、それとは逆にパソコンは快調ながら、ゴミ箱の中身を誤って消去した場合も、民間のパソコン修理店が役立ちます。
データ復旧を取り扱っている店舗なら、消去したファイルの抽出を試みてくれますので、消えたデータを取り戻せるチャンスがあります。



パソコン修理業者で保存容量をアップ

サウンドの高音質化や映像の高画質化など、容量が大きいリッチコンテンツが主流の現在では、保存ファイルが膨大になりがちです。
保存容量が足りない場合は、パソコンのストレージ容量を増やすことも有効ですが、自分で行うには一定のスキルが必要になります。
そこでおすすめできるのが、民間のパソコン修理業者です。
修理専門店やパソコンショップなど、今では様々な業者が揃っておりますので色々選べます。
そこでは修理のほか、パソコンのグレードアップにも対応している場合が殆どのため、内蔵ストレージの交換や、拡張ベイが余っている場合はストレージの増設など、個々に合わせた提案をしてくれます。
パソコンの種類によって組み込めるストレージが異なる場合もありますが、専門家が適切に選んでくれますので、その点も安心です。
このため、もしも容量不足でお悩みの際は、パソコン修理業者に相談してみると良いでしょう。

カテゴリー

PAGE TOP